×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アメックスとは?

アメックスとは、アメリカン・エキスプレスの略称です。クレジットカードの国際ブランドの一つで、トラベラーズチェックの発行者としても有名です。アメックスのカードには色々な種類がありますが、年会費は、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード (ブラックカード) 168,000円 、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード (プラチナカード) 105,000円 、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (ゴールドカード) 27,300円 、アメリカン・エキスプレス・カード (グリーンカード) 12,600円 となっています。アメックスは、デザインが世界共通であり、旅行中の紛失や盗難に際して各国現地でカード発行が可能であるため、受け取るまでの時間が他の提携型カードに比べ短いのも1つの特徴です。

アメックスのプラチナの価値

アメックスを日本で使用するならば、グリーンでもゴールドでも、プラチナでも変わりません。プラチナもインビテーションを乱発しているので価値が下がっています。はっきり言って、アメックスブラックはステータスがかなり高いですが、プラチナを含め、それ以外のカードではステータスは銀行系カードと変わらないです。三井住友VISAと同じくらいのステータスではないでしょうか? プラチナですと、コンシェルジェサービスがうりですが、基本的には役に立たないようです。経済誌などにも書かれていますが、結局は経営難のアメックスの会費稼ぎ策のようです。(アメリカ本社は利益が上がっていますが、日本法人はかなり厳しい状況に置かれているそうです)

アメックスプラチナの口コミ

アメックスゴールドのサービスが上がって、プラチナとの違いもだんだんとなくなっているように思います。
コンシェルジュサービスで演劇や野球の予約をしたことはないのですが、ホテル(旅館)やレストランの予約を繁忙期に頼んだことがあります。しかし、“普通に”とるのが困難なときは困難だという感じで、そういう意味では持っていてよかったと思ったことはないです。唯一、持っていてよかったと思うのは24時間対応してくれることですかね。
「ゴールド」に関しては、ノーマルと大差ありません。「プラチナ」と「ブラック」は持とうと思っても簡単には持てないので、ある意味「ステータスシンボル」ですが、カードの基本機能は大差無いと思います。「何か事故があった時の保証」がかなり違いますが、滅多に事故は起きませんし。

Copyright © 2007 - アメックスのプラチナ・ブラック・ゴールドカードの秘密